[レシピ] しっとりどっしりお店の味!かぼちゃのパウンドケーキの作り方

今までに何度もパウンドケーキを作ってきましたが、美味しいんだけれどどうも満足がいきませんでした。

その理由がようやくわかりました。そうだ、私はふわふわのパウンドケーキよりしっとりしたパウンドケーキが好きだからだと。

焼きたてのふわふわ、軽いパウンドケーキも美味しいのですが、お店で買ったパウンドケーキのように、お腹にどしんとくるような重さで柔らかくしっとりしたのを作ろう、と思い、色んなレシピを見つつ、自分流にアレンジして作ってみたら、大成功!

PA228653.JPG

かぼちゃの風味が口中に広がって甘さ控えめ、なおかつしっとりとした美味しいパウンドケーキが完成しました。



材料(18cmパウンドケーキ型 2個分)

基本のパウンドケーキの分量は、薄力粉とバターと砂糖は「1:1:1」。全て同じ分量ですが、今回はかぼちゃの甘みが入ること、そして自分があまり甘いのが好きじゃないので甘さ控えめに170gにしています。

  • 薄力粉 200g
  • (よつ葉)無塩バター 200g
  • グラニュー糖 160g〜170g(甘さ控えめ)
  • 玉子 4個
  • かぼちゃ 300g
  • はちみつ 小さじ1
  • 牛乳 大さじ1
  • パンプキンシード 適量
  • ベーキングパウダー 小さじ1/2〜1

これは18cm型パウンドケーキ2個分ですが、1個分の場合は、薄力粉、バター、砂糖、玉子はそれぞれ半量にしてください。かぼちゃは2/3でも半量でもお好みの量で。

※よつ葉の無塩バターや薄力粉、パンプキンシードやアルミニウムフリーのベーキングパウダーなど、いつも私はcotta(コッタ)さんで購入しています。

作り方

1.まず、バターと玉子は常温に戻しておきます。(無塩バターは、3cm幅ぐらいにカットしておくと早く柔らかくなる)薄力粉と砂糖はそれぞれ別のボウルにふるっておきます。

2.かぼちゃは皮をカットし、レンジにサランラップをして30秒ほど温めると切りやすくなります。取り出したら、サイコロ大に切って、再びサランラップをしてレンジへ。柔らかくなるまで温めます。

3.柔らかくなったかぼちゃは、半分はサイコロの形のまま。残り半分はフォークで潰してペースト状に。そこへはちみつ小さじ1を入れます。

5.玉子は泡だて器でしっかり泡立てておきます。

6.バターが柔らかくなっていたら、ハンドミキサーでよく混ぜる。時間が無い場合は、レンジで低いワット数で10秒ぐらいチンしてもオーケーですが、完全に溶かしてしまうと美味しくなくなるので注意。指で押したらぐにゅっとへっこむぐらい。

 我が家にはハンドミキサーがないので、ブラウンのマルチクイックの泡だて器で混ぜていますが、柔らかいバターならこれでも大丈夫です。

7.バターがマヨネーズみたいに柔らかくなったら、砂糖を4〜5回にわけて入れながら白っぽくなるまでよく混ぜます。時々ゴムベラで端っこを混ぜます。

 このあたりで、レンジを170度へ余熱。

8.さっき溶いた玉子を、バターの中に、ほんの少しずつ10回ぐらいに分けて入れていきます。ここで玉子とバターが分離したらくちどけが悪い味になるので、ここがポイント!少し入れたら思い切り混ぜる、また少し入れたら思い切り混ぜる、を繰り返します。

9.綺麗に8が混ざったら、かぼちゃペーストと牛乳大さじ1を入れてまたよく混ぜます。

10.9にふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーを入れ、今度はゴムベラで切るようにさっくりと底から混ぜあわせます。粉っぽさがなくなれば生地の完成。

11.パウンドケーキの型にオイルスプレーorバターを塗っておきます。型の半分ぐらいまで10の生地を入れたら、3のサイコロ状のかぼちゃをパラパラと真ん中に散らします。さらに型の4/5ぐらいまで生地を入れます。型を何度かテーブルに落とすようにして空気をぬきます。後は上にパンプキンシードをパラパラと適当に飾り付けます。

12.予熱が終わったオーブンに、170度で30分焼きます。15分〜20分たった時点で一度オーブンを開けて、真ん中に切り込みを入れておくと、完成時にきれいに真ん中が開きます。

13.完成したら、竹串で挿してみて生地がついてこなければ完成。

14.型から外さないまま粗熱をとります。粗熱をとったら型からはずし、アルミホイルですぐ包んで表面が乾燥しないように気をつけましょう。

そのまま常温で一晩置くことでしっとりとします!保存期間ですが、1週間ぐらいは確実に持つかと。

自分で言うのもなんですが、かなりしっとりの美味しいかぼちゃパウンドケーキが出来ました。ベーキングパウダーを入れなくてもちゃんと膨らむんですね。

ぜひ一度お試しあれ。

製菓の材料のまとめ買いなら、cotta(コッタ)さんがおすすめ。日替わりセールやアウトレット品もあるのでちょくちょくチェックしています。

↓ こないだ購入した一冊。パウンド型でこんなに色々作れるんだとちょっと目から鱗でした。レシピも美味しそうだったので、パウンドケーキは日持ちがして手土産にもぴったりで喜ばれるし、ちょっと今後この本を見ながら色々作ってみようかなぁと思ってます。

↓ これは、お菓子づくりをしている時にうまれる疑問を理論的に説明してくれている一冊。「なぜそうするのか」という理屈がわかっていたら、なるほど!と納得することで覚えられるし、次からの失敗も避けられます。これはカラー写真もふんだんで、実際に配合をかえたりして色々試しているのが面白いです。こっちも購入予定。

↓ これも上と同じように、疑問を解決してくれる一冊ですが、こちらはレシピものっていて写真やレイアウトもキレイだよ、と@mimikuroが教えてくれました。こっちも買ってみようかな。

この記事を書いている「そら」って誰?

大阪在住、30代後半。今は子育て期間でいろいろお休み中。美味しいものをもぐもぐするのが趣味。カメラはオリンパス OM-D E-M5。訪れたお店やお気に入りの雑貨、レシピなど色々書いてます。さらに詳しく知る




このサイトに掲載されている文章および画像、すべての著作物はsorariumが著作権を保有しています。適正な引用以外での無断転載・不正利用は禁止いたします。また、まとめサイトやSNS(twitter、instagram等)での使用を許可していません。詳しくは画像・文章についてをご覧ください。

Comments are closed.