GWの滋賀のお出かけは陶器三昧でいかが?信楽作家市2017に行ってきました

IMG 3297

GWに滋賀でどこか家族でお出かけでも、と考えている人におすすめのスポットが、信楽作家市です。毎年5月のゴールデンウイークに開催されるのですが、同時期に、信楽駅でもしがらき駅前陶器市が開催されています。ただ作家市は陶芸の森のひろびろとした空間の中、若手作家さんのブースがたくさん集結!食べ物のブースもあり、周辺には芝生が広がっているので、子どもたちがのびのび遊べるスペースがあります。今回は3年ぶり、初の子ども連れ(1歳)で訪れてきたので、早速レポート。



ゴールデンウイーク初日は大渋滞…

作家市は5/2〜5/5の4日間、陶芸の森で開催されます。今年は5/2が平日で、5/3からゴールウイークがスタート。私が行ったのは、5/3の午前中だったのですが、陶芸の森〜信楽駅の前の道路が大渋滞!!仕方なく途中でそれて、公園で坊だけお弁当を食べさせて休憩。

その後、かなり遠回りをしてMIHO MUSEUMの前をとおり、ようやく到着したのが1時頃でした。駐車場は多めなのですがこちらも一台出ては一台入る、という感じでのろのろ。私たちは交差点を曲がったところすぐの駐車場にとめ、あとはえっちらおっちら坂をのぼりました。

ちなみに、この時期、信楽エリアでは無料で駐車スペースを開放してくれるところが点在しています。

飲食ブースへ直行!とろとろ土鍋カレーが美味しい

2E760409 23D3 4FF2 A5E0 A72622F925F6

お腹がぺっこぺこだったので、ブースをめぐるまえに、まずは飲食エリアへ直行。ジェラート屋さん、窯焼きアップルパイ、沖縄そば、たこ焼きなど、焼き鳥などいろいろありましたが、私は以前食べて美味しかった北半食堂の土鍋カレーに。

577A1059 48F6 4631 BB56 CB0FBBDCEE02

一杯500円で、大盛りなら+100円です。ちなみに、作るのは普通の大鍋で、その後、煮込み直しに土鍋を使っているそうです。

6CDC1218 0B8E 4F3D B0B0 43925A728A7D

よく煮えてとろっとろで美味しい!信楽作家市にきたらこれを食べるのが恒例になりそう。相方は少し足りないようだったので、たこ壱のたこ焼きを追加。

さーお腹もいっぱいになったので、ようやくブース巡りへ。

の前に、今回買うものを決めてから!欲しいのは、小鉢、丼、サラダボウル。

個性的な器がずらり!

岩間由希子・よしおかれい・さかえりこさん

024CCD9E 2E12 4263 85FA 01808826D9D3

3名の作家さんたちによるブース。この小さなお家のオブジェがすごく可愛いなーと思ったら、

C1505E2F 2590 4409 8AE7 CEE9D97A0B94

家の形のカトラリーレストがあって、こちらも可愛かったー!

坂部博恵さん

995F9A71 C330 4509 92A6 C7E378A13B63

こちらの器、サラダボウルにちょうど良さそう〜と思い、もう一つ在庫があるかきくと、無いと言われたので迷う。黄色と組み合わせるか、それとも白…。うーん、保留。

うつわ工房 草土

B7B89661 2B0D 4E29 BC56 EA7FE7FD8705

以前こちらで一輪挿しとバターナイフを買ったのですが、やっぱり素敵。

堂本陶工房(堂本正樹さん)

C7C7FD94 EA1F 44B4 B4D3 3419BE628577

堂本さんの器はいくつか持っているのですが、この花のような形がすごく美しい!ちょうどいい小鉢を見つけたので、これにしようと思ったら、店主さんがいくら待っても戻ってこない(笑)

また後で。

山下透さん

P5030292

京都の伏見で作陶されている山下透さん。

P5030294

5種類の釉薬をつかったこの5seriesが気に入りました。ホワイト、モスグリーン、ブルー、ブラウン、ピンク。食器棚の一番手前に置いてもらえるような器がテーマだそうで、スタッキングしてもすっきりおさまる上に、色がすごく綺麗!

今回のこのブルーの釉薬は、すごく綺麗に出ました、と自画自賛されていましたが、本当に綺麗で、私も相方も一目惚れ。購入しました。

豊中のミズタマ舎さんにも搬入されているそうです。あと、阪急のコトコトステージでも期間限定で出品されているそうなので、興味がある方はぜひ!

陶芸工房八鳥さん

P5030298

古谷製陶所

P5030300

高木剛さん

P5030303

文五郎窯(奥田章さん)

P5030307

最後は一番にぎわっていた文五郎窯さんへ。レジに並んでいたご夫婦は、3袋分ぐらい大人買いされてました。すごいわ…。

いくつか既に売り切れのものもあったのですが、私は十草丸丼に目を引かれ…。相方の丼も実は文五郎窯さんのもの。すごく使い勝手が良かったのです。

うーん、どうしようかどうしようかと迷って結局購入しました。

P5030305

いい作家さんにもいい器にも出会えて大満足。買った器はまた次回の記事で紹介しますが、今回子連れで訪れて気づいたのは、子連れできている人が思ったよりたくさんいたこと。作家さんも子連れできている方がちらほらいましたし、ベビーカー、抱っこひもできている方もたくさんいました。

ただ、ベビーカーは草地だとちょっと足をとられますが、使えないことはないです。おむつ替えコーナーは、陶芸の森の産業会館と事務局のトイレコーナーにあります。

子連れでものんびり楽しめる陶器まつり、ぜひ訪れてみてくださいね!ただし、陶器は割れ物!ブースのまわりでは走ったりいたずらしないようしっかり目を光らせておく必要はあります。それさえ気をつけておけば、子どもも大人も満足できるイベントですよ!

過去記事

この記事を書いている「そら」って誰?

大阪在住、30代後半。今は子育て期間でいろいろお休み中。美味しいものをもぐもぐするのが趣味。カメラはオリンパス OM-D E-M5。訪れたお店やお気に入りの雑貨、レシピなど色々書いてます。さらに詳しく知る




このサイトに掲載されている文章および画像、すべての著作物はsorariumが著作権を保有しています。適正な引用以外での無断転載・不正利用は禁止いたします。また、まとめサイトやSNS(twitter、instagram等)での使用を許可していません。詳しくは画像・文章についてをご覧ください。

Comments are closed.