feedburnerのマイブランドで、feedを独自ドメインに変更しました

先日、sorarium – WordPressのFeedをfeedburnerへ飛ばすという記事のコメント欄で、笹川%DTPオペ氏にfeedburnerのマイブランド機能を教えていただきまして、ちょっと色々と調べてみました。

このサイトのRSSは、feedburnerに以前変更した際にすべて.htaccessのリダイレクトでfeedburnerに飛ばすよう設定したから、おかげでfeedのurlは一本化出来たわけです。RSS readerやWebserviceが自動的にrss feedをhtml内から探し出す機能を「Auto Discovery」と言いますが、そちらもfeedburnerのurlに変更しておきました。

とーこーろーが!

しばらくしてこんな記事がはてブをにぎわしたのでした。

FeedBurnerは超重大な事実を隠してる – たねちゃんズ13
FeedBurnerをある使い方をすると、ブログ検索にまったく引っかからなくなります!



どうやら、yahooブログとgoogle blog検索にひっかからなくなってしまうとのこと。この原因はyahooのロボットの仕様が原因だった。

Yahoo!ブログ検索 ヘルプ – Yahoo!ブログ検索の検索結果に表示されるには
主に以下のような場合は、検索エンジン用ロボットの巡回対象とならないことがあります。
(中略)
* RSSのアドレスが、ブログや各記事のドメインと異なる(例:外部サーバ上のRSSアドレスを直接参照している)

そう、feedburnerを使用すると、feedのurlは「http://feeds.feedburner.jp/sorarium」となり、ドメイン名と違ってしまうのだ。インデックスされないというのは、結構問題視されていて、それが原因で利用しないという人もちらほら出てきたり。

小粋空間: FeedBurner が Yahoo! ブログ検索でインデックスされない事象の解決へ
原因はFeedBurnerにあるようでFeedBurnerにはないという難しい問題 – F.Ko-Jiの「一秒後は未来」
[N] 「FeedBurner」の利用を休止

feedburnerを使っていてもインデックスされるブログはされてるんです。

FeedBurnerとYahoo!ブログ検索の問題 – The blog of H.Fujimoto
いくつかのBlogを見てみた感じでは、ページのヘッダー部分にFeedBurnerのRSSのアドレスを直接に書いていれば、ブログ検索の対象になる確率が高いように思えます。
一方、ページのヘッダー部分に従来のRSSのURLを書いておき、そのURLにアクセスされたときにFeedBurnerにリダイレクトするような仕組みにすると、ブログ検索から外される確率が高いようです。

ところがうちのサイトの場合、最初に書いたようにAuto Discoveryにも対応するようfeedburnerのurlをヘッダー部分にも書いていました。それでもインデックスされない。あららーと思いつつ、まぁでもfeedburner使いやすいし、購読者数が見えるのは嬉しいし、とそのまま放置してここまでやってきました。一ヶ月もしたらfeedのurlも、rss readerに登録してあった以前のfeedも多くはeedburnerのurlへと自動的に移行してくれましたし、よかったよかったと喜んでたんですがね。

でもSEO的にも有利だし、出来れば独自ドメインのfeedの方がよい。で、実はfeedburnerに「マイブランド」なるものがあり、昔はプロ(有料)用だったんですが、無料で出来るようになった機能です。これは、feedburnerのフィードアドレスを独自ドメインで使用することが出来るというサービス。

http://feeds.feedburner.jp/sorarium

http://feeds.sky-s.net/sorarium

という風に。 しかし、問題が。今までhttp://feeds.feedburner.jp/sorariumを講読している読者はどうするのか、というのが最も重要な問題。これも自動的にリダイレクトして、一定期間を置いたら新しいフィードのアドレスへと変更されて、購読者数も一緒になれば完璧!と思っていたんですが事態はそう簡単ではなかった。FeedBurnerサポートフォーラムによると

マイブランド設定後も通常の”http://feeds.feedburner.jp/BestFeedEver”は有効のままであり、”http://feeds.●●●.jp/BestFeedEver”は、ユーザーがあなたのフィードにアクセスする際に使用可能な、もう一つのURLとなります。そのため、あなたのフィードの購読者達は、再度購読の手続きをすることなく、現在購読しているあなたのフィードのコンテンツを引き続き購読することができます。

まぁ、これはよい。もちろんユーザーに講読の手続きを踏ませないと、新しい記事がそれ以降配信されない、なんてのは絶対に困る。ところが

よくいただくご質問に、既存の購読者を”http://feeds.feedburner.jp/BestFeedEver”から”http://feeds.●●●.jp/BestFeedEver”へと「リダイレクト」できるかどうかというご質問がありますが結論としてはできません。なぜならば、その2つのフィードは実際には同一のフィードだからです。(マイブランドを利用して作成したものは、FeedBurnerのURLを示すエイリアスです。)リダイレクトを行うと、閉回路の状態になってしまいます。

あー、そうですか…。んー!これはどうにかなればいいのに。と思いつつ、ま、ちょっとやってみるか、と以下のサイトを参考にしてやってみた。

【参考にしたサイト】
FeedBurner.jpのマイブランドを使ってWordPressのフィードを移行をしてみるメモ (blog@browncat.org)
→feedburnerは更新通知が遅いので、テストする際はpingをfeedburnerに打つなどすること。
Travellers Tales : FeedBurner を自ドメインで使う MyBrand を設定してみた
→feedburnerがyahooブログに登録されない件についても記載
cl.pocari.org – FeedBurner のマイ・ブランドを VALUE DOMAIN で利用する
→うちのサイトもvalue domainなんでとても参考になりました。特にcnetの設定では、cnet feedsの順番に書かないとエラーが出てしまって。

value domainでDNSが浸透するのが遅かったからか、最初エラーが出て不安だったんですけど、数時間したら大丈夫になりまして、一つ投稿してみたら、今までのfeedburnerのフィードでもきちんと新記事が表示されたので一安心。(.htaccessでリダイレクトもかけてます)

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} !FeedBurner
RewriteRule ^index\.rdf$ http://feeds.sky-s.net/sorarium [L,R=permanent]
RewriteRule ^index\.xml$ http://feeds.sky-s.net/sorarium [L,R=permanent]
RewriteRule ^atom\.xml$ http://feeds.sky-s.net/sorarium [L,R=permanent]
RewriteRule ^feed$ http://feeds.sky-s.net/sorarium [L,R=permanent]
RewriteRule ^feed/atom$ http://feeds.sky-s.net/sorarium [L,R=permanent]

それに、追記部分の「…more」がfeedで出るようになったので、続きがあることがRSS readerでもわかるようになったのは嬉しいね。今までは出なかったので、RSS readerで読んでるとそれで記事が終わりなのかどうなのかわからなかったのだ。

そんなわけで、RSS フィードのアドレスは変わっていますが、そのままご購読いただけますのでご安心ください。ただ、何らかの問題が発生してfeedburnerが使えなくなった場合どうなるんだろ、feedburnerのurlは使えなくなるのかな? ちょっとわかりません。なのでこちらへ切り替えていただいた方がいいかもしれません…。すいません、結局負担をかけてますね…^^;;

http://feeds.sky-s.net/sorarium

※もし、DNSの設定をすることが出来なくてfeedburnerを使用されてる場合は、こちらの回避策をとるのも一つの方法だと思います。

FeedburnerがYahoo!ブログ検索にインデックスされない件[to-R]
FeedBurnerを使いつつもYahoo!のブログ検索で表示される(かもしれない)3つの対策

この記事を書いている「そら」って誰?

大阪在住、30代後半。今は子育て期間でいろいろお休み中。美味しいものをもぐもぐするのが趣味。カメラはオリンパス OM-D E-M5。訪れたお店やお気に入りの雑貨、レシピなど色々書いてます。さらに詳しく知る




このサイトに掲載されている文章および画像、すべての著作物はsorariumが著作権を保有しています。適正な引用以外での無断転載・不正利用は禁止いたします。また、まとめサイトやSNS(twitter、instagram等)での使用を許可していません。詳しくは画像・文章についてをご覧ください。

Comments are closed.