Deprecated: implode(): Passing glue string after array is deprecated. Swap the parameters in /home/blueskytrip/sky-s.net/public_html/sky-blog/wp-content/themes/simplicity2/functions.php on line 376
関西初出店!ルクア・イーレにオープンした「サラベス大阪店」に行ってきました - sorarium

関西初出店!ルクア・イーレにオープンした「サラベス大阪店」に行ってきました

スポンサーリンク

IMG 3220 2

撤退した伊勢丹のビルを改装し、4/2にオープンした大阪駅直結のビル「ルクア1100(イーレ)」。同じ徹は踏まないぞ!という意気込みが感じられるテナントリストには西日本初のお店がいくつもラインナップされています。その中でも注目を集めているのが、1981年にニューヨークでオープンして以来、ニューヨーカーたちだけでなく世界中のグルメ好きから愛されているレストラン「サラベス(Sarabeth’s)」。「New York Magazine」が“文句なしのニューヨークの朝食の女王”と褒め称えたというメニューには、フレンチトースト、リコッタパンケーキ、そしてエッグベネディクトと美味しそうな朝ごはんがたくさん。早速オープン日に行ってみると…!

Sponsored

オープン直後のサラベスの待ち時間がアトラクション並み

行列

オープン日のちょうどお昼ごろに到着し、B1Fのサラベスへと移動。以前の伊勢丹デパ地下コーナーを奥へ奥へと進んだあたりにあるのですが、ぱっと見た感じそれほど並んでる様子はない…?と思って近づいてみたところ、イーレの外に行列ができていました。

おお…。

警備員さんに、これ、どれぐらいかかりそうですか、と聞くと「1.5…いや2時間ぐらいは…」と言われて「……やめときます」と即撤退を決めました。すごすぎる!!さすがに2時間は待てません。うーん、さすがの人気だなぁとびっくりしながら再びイーレの中に戻って店内を覗いてみました。

オープン日にはサラベスさん本人も登場

IMG 3215 2

店内は白を基調にした可愛らしいカフェのような雰囲気。オープン日ということもあり、ニューヨークからサラベスさんご本人もいらっしゃっていました。お姿を間近で拝見しましたが、白髪にゆるくパーマをかけて肩の上ぐらいで切りそろえ、キリッとした細身のおばあさん(現在71歳だそうですが、見えない!)。くるぶしまである長い上品な青色のワンピースをお召になられてました。

お客さんはだいたい、みんなエッグベネディクトもしくはフレンチトーストを頼んでいる方が多かったです。ちなみに大阪限定メニューも用意されているのでこちらも要チェック!

さて、イートインは大行列ですが、レジ前で生菓子や焼き菓子などが販売されており8人ほど並んでおられるだけだったので、せっかく来たんだから、とテイクアウトしてみることに。

サラベス名物「フルーツスプレッド」

コンフィチュール

サラベスの名を一気に高めたのがこの「フルーツスプレッド」。サラベス家に1780年から伝わるファミリーレシピだそう。1980年に商品化されて以来、いろんなコンテストで入賞、すっかりサラベスの名物になりました。

フルーツの自然の甘みをいかし、砂糖は控えめ。ゲル化剤、増粘剤、安定剤が入っていない本物のフルーツジャムなのです。

ちなみにジャムではなくフルールスプレッドと呼ぶ理由はこちら。

一般的に果肉と砂糖をとろみが着くまでゆっくりと煮詰めた 加工食品を日本では「ジャム」と総称しておりますが、 歴史の古い欧米ではその仕上がり状態に応じて細かく呼び方を変えています。 サラベスのフルーツスプレッドは正式にはジャムと呼びません。 アメリカFDA(Food and drug administration – 食品医薬品局)では 糖度65%以上がジャムのカテゴリーに当たり、 サラベスの商品は平均糖度45度なのでフルーツスプレッドと呼ばれています。

【フルーツスプレッド】サラベスのフルーツスプレッドはマリーフィールズで

スコーンに少しついてきたものを食べてみたのですが、確かに甘さが控えめでフルーツの酸味が強め、とろっとしたソースの中に果肉のつぶつぶ感も感じられて、本当に美味しくてびっくりしました。

これは瓶で買っておけば良かった!と後で悔やむほどでした。

テイクアウトできる生菓子・焼き菓子

ケーキ

生菓子は、チョコレートプディング、チェリークランブル、キャラメルプディング、クッキー&クリームチーズケーキ、チョコレートスフレケーキ、ニューヨークチーズケーキがずらり。人気はやはりプディング。

焼き菓子

焼き菓子は、チョコレートチップクッキー、アーモンドクロワッサン、ブルーベリークリームチーズスコーン、ダブルコーンマフィン、バナナストリューゼルマフィン、ビスケットwithスプレッド、ハニーピーカンスティッキーパンズ(大阪スペシャル)、レーズンスコーン。

パウンドケーキは、チョコレートチェリーパウンドケーキ、レモンパウンドケーキ、マーブルパウンドケーキの3種類が用意されています。

8人ほどだったのに、レジで30分以上待つことに…。オープン初日だからか店員さんも慣れていないのか?!

テイクアウトした商品

IMG 3253

買ったのは、チョコレートチェリーパウンドケーキ(280円)とマーブルパウンドケーキ(280円)。そして、ビスケットwithスプレッド(300円)とブルーベリークリームチーズスコーン(240円)の4つで、合計1,100円。ビスケットにはストロベリー&ラズベリースプレッドが少しついてきました。

P4020309

ブルーベリークリームチーズスコーンはトースターで軽く温めていただきます。甘酸っぱいブルーベリーと濃厚なクリームチーズがたっぷり入っていて美味しい!!奥のビスケットwithスプレッドも温めて、中を割ってみると…

P4020311

外はサクサクカリカリで香ばしいのに、中はまるで高級パンのように生地がもっちりしっとり!!プレーンですが、ほんのりしょっぱくてこれは本当に美味しくてびっくり。さらについてきたフルーツスプレッドが完璧。

これは並んだ甲斐があったなぁと大満足。このビスケットwithスプレッドは何回でもリピートしたい。こぶし大ぐらいの大きさがあるのも嬉しい。

P4040344

そして次の日に食べたパウンドケーキ。

P4040347

厚みがあってどっしりと重いパウンドケーキ。チェリーの欠片がちょこちょこ入っていて、ちょっと大人なお酒の風味もして、食べごたえがあります。

P4040350

こちらのマーブルケーキも同様に重くしっとりと仕上がっています。どちらもかなり美味しい。

相方も、4種類食べて「ここのどれも美味しい!」と目を見開いて喜んでいたので良かったです。

うーん、こうなるとやっぱりイートインしてみたい!しばらくは落ち着か無さそうですが、またチャンスを見て行ってみようと思います。

【店舗情報】
店名/サラベス(Sarabeth’s)大阪店
住所/大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクアイーレ B1F
TEL/06-6147-7257
定休日/施設に準ずる
営業時間/9:00~22:00

スポンサーリンク
この記事をお届けした
sorariumの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする