靱公園からほど近いイタリアン「イル・クアドリフォーリオ」でランチ(肥後橋)

この日は、中之島に昼過ぎから用事があったので、せっかくだからイタリアンでランチでも食べたいね、ということで、結構気になっていた靭公園周辺をせめてみることにしました。

選んだのは「イル・クアドリフォーリオ」。よつばのクローバーという意味の、イタリアンレストランです。



日曜日の12時半頃に入ったのですが、テーブルが2席ほどあいていました。カウンターの目の前のテーブルなのでちょっと落ち着かない感じはありますが。

キッチンで料理をするのは男性二人、ホールのスタッフは女性が一人です。

さて、ランチコースですが、Aランチは、本日の前菜+パスタ(二種類から選べます)で850円。
Bランチは、本日の前菜+パスタ(二種類から選べます)+メイン料理+ドルチェ+コーヒーがついて1500円。
その他に、2500円のCランチと3000円のよつ葉コースがあります。

この日は、パスタの大盛りが無料+食後のデザートが無料サービスだったので、そんなにがっつりは食べられないだろうと思い、Aランチにしてみました。

まずは前菜。茄子や玉ねぎなどが入ったラタトゥイユと、玉ねぎと人参が添えられたわかさぎのエスカベッシュ(フランス版南蛮漬けみたいなものです)に野菜が盛りつけられていました。

甘酢がちょうどよい塩梅で、食欲をそそります。

パンは、フォカッチャとバゲットがそれぞれ1つずつついてきます。フォカッチャはふわっとしていましたが、かなり塩味きつめ。バゲットはもちっとしていますが、もう少し温かければなおよしでした。

私がオーダーした「スパゲッティ・ボロネーゼ」。ここのパスタは手打ち麺だそうですが、かなり細めの麺で、ボロネーゼとよくからみ合います。美味しい。カウンターからすぐ持ってきてくれるので、やけどしそうなぐらい熱々!

ただし、ポーションは少なめ。女性にはちょうどいいぐらいですが、男性には少ないと思うので、大盛りにするのが正解かと。

こちらは相方がオーダーした、広島産牡蠣と白ネギのオリーブオイルスパゲティ(大盛り)。予想よりずっとスープパスタっぽい仕上がり。牡蠣はふっくらジューシー。ちょっとパンチが弱いかな。

サービスのデザートは、アールグレイのパンナコッタ。

食後はカプチーノをお願いしたのですが、とてもぬるくてびっくりしました。後で調べたら、ミルクは70度以上にすると甘み成分がなくなってしまうので、本場ではぬるめのカプチーノがでるそう。ほー。他の店でよくカプチーノを注文しますが、いつも熱々で出てくるので知らなかったです。なるほど。でもこんな寒い冬には熱いカプチーノが飲みたかったw

ちょっとびっくりしたのが、トイレ!店内にはトイレがなく、裏口から出て廊下を挟んで同じビルの共同トイレを使うようになってます。別にそれはいいんですが、このトイレがとても古く、その上男性と共同なんですよー>< 

個室に入ってる時に男性が入ってきて別の個室に入った時はもうびっくりしました。これはちょっときつかったです。結構女性のお客さんが多そうなお店ですが、これにはとまどう人も多いのでは。

それと、女性がオーダーを受けたりしてくれたんですが、いかんせん声が非常に小さくて何を言われてるのかすごく聞き取りにくかったです。せっかくの前菜も、何を使われてるのか全然聞こえずに残念。コート預かりましょうか、の声も聞こえにくくて、聞き返すほど。別に店内がうるさいわけでもなかったんですが。お皿をひくタイミングも若干早くて、細々した対応が少し気になりました。

そのあたりがちょっと残念ですが、コストパフォーマンス的には悪くないランチで、料理も普通に美味しかったです。

それにしても靱公園周辺は、イタリアンやフレンチのお店、カフェがかなり多くて激戦区っぽいですね。今回初めて散策してみましたが、気になるお店がいっぱいでした。またそのうち色々行ってみたいと思います。

【店舗情報】
店名/イル・クアドリフォーリオ (IL quadrofoglio)
住所/大阪府大阪市西区京町堀1-9-10
TEL/06-6441-3885
定休日/月曜・第3日曜
営業時間/
11:00~14:00
17:30~21:30(L.O)

この記事を書いている「そら」って誰?

大阪在住、30代後半。今は子育て期間でいろいろお休み中。美味しいものをもぐもぐするのが趣味。カメラはオリンパス OM-D E-M5。訪れたお店やお気に入りの雑貨、レシピなど色々書いてます。さらに詳しく知る



このサイトに掲載されている文章および画像、すべての著作物はsorariumが著作権を保有しています。適正な引用以外での無断転載・不正利用は禁止いたします。また、まとめサイトやSNS(twitter、instagram等)での使用を許可していません。詳しくは画像・文章についてをご覧ください。