入院時に慌てず準備するための持ち物リスト

**追記**

2015年修正版!一週間程度の入院に必要な持ち物リストを書きました。最新版はこちらをご覧ください。PDFでリストがダウンロードできます!

******

今回、私は自分が入院するだろうな、ということをわかっていたので、事前に準備をしていきましたが、実際には突然入院することになってしまって慌てることの方が多いかと思います。

そんな時にさっと準備できるように持ち物リストを作りました。

P8067670.jpg

すぐに必要になるもの〜別になくてもいいものまで。



必ず持っていきたい持ち物

  • 保険証
  • 診察券
  • 印鑑
  • 筆記用具
  • 財布
  • パジャマ3〜4着(夏なら七分袖ぐらい。半袖だと病院は寒いかも。前開きの方が診察時とか色々便利)
  • 靴下3〜4着(病院は特に足元が冷えるので)
  • バスタオル2枚+フェイスタオル4〜5枚
  • 手ぬぐい3〜4枚(ハンカチでもいいですが、面の大きい手ぬぐいの方が何かと便利)
  • スリッパ(底がゴム製のくつの方が滑りにくくてよいらしい)
  • お箸(手術とかする場合や身体が弱っている場合は歩けないので、その都度捨てられる割り箸の方が便利な場合も)
  • ティッシュボックス
  • 魔法瓶水筒(たいていデイルームに給茶機がありますが、毎回行くのは不便なので)
  • 割れないコップ
  • 歯磨きセット(歯ブラシ、歯磨き粉、うがい用コップ)
  • 下着3〜4着
  • 洗顔料
  • シャンプー&リンス&ボディシャンプー
  • からだ用スポンジ
  • 男性の場合はひげそり用カミソリなど
  • 女性の場合は、くしや化粧水、乳液など
  • ガウンやパーカーなど寒い時や売店に行く時にさっとはおれるもの
  • ふきん
  • ビニール袋4〜5枚
  • 普段着1〜2着
  • 携帯電話
  • 携帯の充電器

あると便利な持ち物

  • 洗浄綿(入院から数日は寝たきりだったり手を洗ったりもできないので、さっと身体をふいたり手をふいたりできる。一枚ずつパッケージしてあって清潔で乾燥しないからおすすめ)
  • 耳栓(大部屋の場合、夜中に隣のベッドに入院してきたり、同じ部屋の人の物音が気になるので)
  • スプーンやフォーク
  • ハサミ
  • 洗濯ばさみ2〜3個
  • 洗濯粉(替えのタオルなどをもってきてくれる場合はいいですが、週末だけとか来てくれる人がいない場合は自分で病院のコインランドリーで洗濯します)
  • ハンガー 2〜3個
  • 湿気をふせぐクリップ
  • S字フック
  • 綿棒
  • 梅干しやふりかけなど調味料
  • カメラと充電器(こういう風にブログを書く場合にw)
  • レッグウォーマー(パジャマのズボンの裾はあがりがちなので、冷え性の人は必須)
  • ノートパソコン
  • マウス
  • パソコンの充電器
  • iPodやiPadなど娯楽用品(イヤホン忘れずに)

女性用グッズ

  • 生理用品
  • 化粧道具一式(退院時などに)
  • リップクリーム
  • ヘアバンド
  • くしやゴム、ヘアピン

この記事を書いている「そら」って誰?

大阪在住、30代後半。今は子育て期間でいろいろお休み中。美味しいものをもぐもぐするのが趣味。カメラはオリンパス OM-D E-M5。訪れたお店やお気に入りの雑貨、レシピなど色々書いてます。さらに詳しく知る




このサイトに掲載されている文章および画像、すべての著作物はsorariumが著作権を保有しています。適正な引用以外での無断転載・不正利用は禁止いたします。また、まとめサイトやSNS(twitter、instagram等)での使用を許可していません。詳しくは画像・文章についてをご覧ください。

Comments are closed.