まだデータがありません。

京都ラーメン激戦区巡り(1)角煮ラーメンの「天宝」(一乗寺)

2012.01.20追記
京田辺市に移転され、名前も「スケアクロウ天宝」に変わったそうです。詳細は公式サイトでご覧ください。

——–
お腹がすいたけど、恵文社には行きたいし、でももう時間は8時半。あんまりのんびりしていてもね、ということで、せっかく一乗寺に行くのであれば、ラーメンを食べてみたいということで向かってみました。

昔から、京都の一乗寺はラーメン激戦区として有名。ラーメン店がひしめきあい、最近新しいラーメン店もどんどん出来ているようです。

今回行ってみたのは「天宝」(てんほう)



入り口の看板を見てびっくり!この青色のなんともファンキーな看板は何?!

ちょっと入るのに勇気が入りそうな感じ。。(後で知ったところによると、この看板、近くの京都造形短大の学生が描いたものだそうです)

意を決して入ってみると、カウンターのみ。かなり狭いのですが、すでに席はほとんど埋まっていて、端っこに二つ席がちょうどあいていたのでそこに座り、メニューを見てみると、どうやら角煮ラーメンが一番人気みたいです。

角煮ラーメン 800円。相方が注文した角煮切れ端ラ-メンも800円。なんと天宝スペシャルラーメンは1200円…。(公式サイトにのっている価格表は昔のもののようです。どうやら昨年リニューアルしたようで、その時価格改定を行いました、とメニュー表の裏面に書いてありました。)

結構高いですよね。ラーメンにしては。

ただし、この値段に関しては、リニューアルのたびに価格改定を行い値段が上がっているようで、それについての説明もメニューの裏に描いてありました。これだけの角煮をのせるには、やはりこれぐらいの価格でないと維持できないようです。

で、肝心の味なのですが、ちょっと今まで食べたことにない味でびっくりしました。

麺は細麺で、スープはかなり濃い目の醤油豚骨なのですが、あんかけ?というほどのとろみと甘酸っぱさ。まるで中華のようです。

豚の角煮はかなり柔らかく、味がすごくしみていました。

確かに美味しい、美味しいのですが、これははっきりいってすごく好みが分かれる味だと思います。個人的にはちょっと味が濃すぎるのと甘すぎるかな、と。相方は美味しいと気に入って食べていましたが、相方が注文した切れ端ラーメンの方はさらに味が濃かったです。

あと量がちょっと少なめかも。私でも腹八分目ぐらいだったので、相方はというと、腹六分目ぐらいだったようで男性にはちょっと物足りないんじゃないでしょうか。

豚の角煮と、あと味が濃いめの方が好きな方にはあうかもしれません。

さて、このラーメン激戦区一乗寺、twitterで「高安」「珍遊」「天天有」が美味しいよ、教えていただいたのでまた、別の機会に行ってみたいと思います。

【店舗情報】
店名/天宝
住所/606-8106 京都市左京区高野玉岡町33-9
TEL/075-724-1912
定休日/月曜日
営業時間/だいたい19:00~2:00 ぐらいまで

この記事を書いている「そら」って誰?

大阪在住、30代後半。今は子育て期間でいろいろお休み中。美味しいものをもぐもぐするのが趣味。カメラはオリンパス OM-D E-M5。訪れたお店やお気に入りの雑貨、レシピなど色々書いてます。さらに詳しく知る




このサイトに掲載されている文章および画像、すべての著作物はsorariumが著作権を保有しています。適正な引用以外での無断転載・不正利用は禁止いたします。また、まとめサイトやSNS(twitter、instagram等)での使用を許可していません。詳しくは画像・文章についてをご覧ください。

Comments are closed.