まだデータがありません。

折込チラシとTV番組表が無料で手に入る「タウンマーケット」

新聞紙を講読している人は何を必要としているんでしょうか。

もちろん一番はニュースなんでしょうけれど、主婦にとっては実は「折込チラシ」だったりするのではないでしょうか。そんなニーズに応えたサービスをリクルートが始めました。

リクルートがお届けする無料宅配サービス「タウンマーケット」

townmarket

テレビ番組表とその地域に配布される折込チラシを毎週金曜日に無料で届けてくれる、という画期的なサービスです。



タウンマーケットの特長

特長としては、

  1. ずっと無料。入会金・退会費用も不要。
  2. 一週間分のテレビ情報誌が配布される。
  3. 地域のスーパーや家電量販店のチラシも一緒に配布される。
  4. ヤマト運輸のメール便で毎週金曜日に届く。

など。チラシは一週間分がどさっと届くの?土曜日折込のチラシだと週末のセールの告知だったりするけれど、それが次週の金曜に届いても困るしなぁといった疑問はあるのですが、なかなか良さそうですね。

最初は、横浜市・川崎市・町田市・相模原市に住んでいる人だけのサービスのようですが、これが全国に広がれば、一体、新聞はどうなるのでしょうか。

新聞の購読者数が減少している

ここ数年、新聞の購読者数が減少していることは幾度となく報じられていますが、実際に私の友人にも新聞をとっていないという人はいますし、実は我が家でも2年ほど前から新聞をとらなくなりました。

理由はやはり、ネットでも情報が得られるから、なんですよね。

ここまで新聞の購読者数が減少した理由については、「新聞の購読者数の減少理由を考え直してみる:Garbagenews.com」で、詳しく考察されています。同じサイトの記事「新聞の発行部数などをグラフ化してみる」では、年々発行部数が落ちていき、「1世帯あたりの新聞部数」が、10年前と比較するとがくがくっと落ちてきているのがよくわかりますね。

それでも、新聞を購読している層ももちろんいるにはいるのでしょうが、ネットを使用していない人、折込チラシを必要としている人、にある程度絞られるのではないでしょうか。

ジョビジョバ編集室: 茨城県のネット普及率は56.4%によると、滋賀県のインターネット普及率は2006年の時点で、全国7位。大都市に混じってこの順位というのはかなり検討している方ではないかと思います。

とはいえ、地域によっては未だにネットを使っていない人が多いのも事実。家にパソコンがないなんて、ざらにいます。いや、あっても、子どもしか使っていない、とかね。そうなると、ニュースソースとして、あるいはクーポンや特売情報の入手先として新聞(+折込チラシ)が必要になるのはわかります。

ただ、やはり購読者数が減ってきていることも事実なので、新聞折込チラシが全世帯に届かないというのは広告主にとっては大きな問題になるわけです。

広告手法が、折込チラシからポスティングへと移行

そんな中、MyNewsJapan:ポスティング業者に流れる折込チラシ 新聞社衰退のシナリオが見えてきたによると、

東京都・北区では、広報誌の配布方法を、この4月を境に、新聞折込からポスティングに切り替えた。その理由を北区の広報係が説明する。

「新聞折込では広報紙が自宅に届かないという苦情が相次いだからです」

ポスティング業者の台頭は必然だ。新聞を読まない世帯が増えているからである。滋賀県の大津市にあるYC浜大津の店主・岸塚隆一さんが、新聞ばなれの深刻な実態について言う。

「先日、完成したばかりの200世帯の分譲マンションのロビーに机をひとつ置かせてもらって、販売店が共同で新聞の申し込みを受け付けたのですが、契約してくれた世帯は、たった26世帯でした」

実は、チラシっていうのは、ポスティングでも配布できてしまうんですよね。折込は、私が住んでいるエリアの場合、サイズにもよりますけど大体約3円。

ところがポスティングがそれより安く出来てしまうこともあったりして、そうなると、新聞折込だと講読している世帯にしか届かないけれど、ポスティングだと講読していない人が多いマンションやアパートの若年層のターゲットにも届けることが出来るので、こちらの方が広告主にとってはメリットが大きいわけです。

そうなると、新聞にとっては広告主が減ることで収入が減ってしまいます。

そこへ今回の「タウンマーケット」が出たことで、折込チラシを必要としているターゲット層まで取られてしまう、となると…今後、新聞の未来はとても明るいとは言えなさそうです。

折込チラシは、新聞講読のメリットの一つでもあったわけですから、それが奪われつつあるとなると、新聞社にとっては本当に死活問題です。これで、新聞社全体がもっとネットとの親和性を高めて、色々な試みを(海外の新聞社のように)していくはずみになれば面白いんですけれど、さて、どうなるでしょうか。楽しみですね。

【関連サイト】
リクルートがお届けする無料宅配サービス「タウンマーケット」
広告チラシ・クーポンを検索!広告チラシ(ちらし)のタウンマーケット

【サイト内の関連記事】
「iPod touch/iPhone」用アプリ「産経新聞」のラテ欄が思いの外、見やすい!
新聞を無料でネット配信する、ということ
「東京IT新聞」発行
SANKEI EXPRESS

この記事を書いている「そら」って誰?

大阪在住、30代後半。今は子育て期間でいろいろお休み中。美味しいものをもぐもぐするのが趣味。カメラはオリンパス OM-D E-M5。訪れたお店やお気に入りの雑貨、レシピなど色々書いてます。さらに詳しく知る




このサイトに掲載されている文章および画像、すべての著作物はsorariumが著作権を保有しています。適正な引用以外での無断転載・不正利用は禁止いたします。また、まとめサイトやSNS(twitter、instagram等)での使用を許可していません。詳しくは画像・文章についてをご覧ください。