義実家から毎年恒例の苺便りが届きました

耕運機が使えない、と聞いていたので、今年は無理かな、とほとんど諦めていたのですが、お義母さんから毎年恒例の苺便りが届きました。




今年は、白苺という品種も少しだけ株を分けてもらって試し植えしてみたそう。写真に他のと色が違う苺が写ってますが、それです。

どっかで見たことあるなーとおもったら、そうだ、キルフェボンの白イチゴタルトだ!→特選 白イチゴ〜初恋の香り〜のタルト

二箱にぎっしり詰まった真っ赤な宝石のような苺。週末に届いたので、父と相方と3人で早速いただいてみたところ、大粒で甘みと酸味のバランスが抜群!美味しいわぁ。やはり産地直送のお義母さんの苺は最高です。初夏の楽しみの一つ。

そして、これもすごく待ち遠しかったものです。お義母さんの畑で獲れた苺で作られた自家製苺ジャム!濃厚で本当に美味しくて、パンを食べるのが楽しみになるほど。

いつもタッパーで送ってきてくださるのですが、大量にあるので、冷蔵庫に保存しても長期保存にはむいていません。カビが生えてしまったことがあって、泣く泣く捨てたことがあったので、近年はタッパーで送ってきてくださったのを一度小鍋で煮立てて、煮沸消毒した小瓶にいれて脱気するようにしています。

おかげで、長く少しずつ楽しめるのですが、昨年は美味しすぎてあっという間になくなり、スーパーで手作り苺ジャムを買ってなんとか凌ぐ羽目になりました。でも、やっぱりお義母さんの苺ジャムのが美味しいんですよね。

また美味しいジャムが食べられる日々が戻ってきて幸せです!

この記事を書いている「そら」って誰?

大阪在住、30代後半。今は子育て期間でいろいろお休み中。美味しいものをもぐもぐするのが趣味。カメラはオリンパス OM-D E-M5。訪れたお店やお気に入りの雑貨、レシピなど色々書いてます。さらに詳しく知る




このサイトに掲載されている文章および画像、すべての著作物はsorariumが著作権を保有しています。適正な引用以外での無断転載・不正利用は禁止いたします。また、まとめサイトやSNS(twitter、instagram等)での使用を許可していません。詳しくは画像・文章についてをご覧ください。