ドイツで生まれた最高に足になじむサンダル「ビルケンシュトック」

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)という靴のブランドについては、一度は耳にしたことがあるという人は多いのではないでしょうか。私もその一人。230年以上前にドイツに設立され、現在も世界中で愛され続けているサンダルと靴のブランドです。

最大の特徴は、フットベッドという足になじむインソール!人間の足の裏は、土踏まずやかかとといった、へっこんでいる部分と出っ張ってる部分がありますよね。でもこのインソールは、そういう人間の足の凹凸にあわせて作られ、さらに天然コルクが使ってあるため、地面などから与えられる衝撃を上手に吸収してくれて、負担を減らしてくれるのですごく履いていて足になじむ。

これは一度、試し履きをしてみるとすぐわかります。

今までのサンダルとは圧倒的に違うことが。

私はよく歩く人なので、こういうサンダルがぴったり。最近はもうヒールのある靴がはけなくなってしまいました。今度旅行に行くとさらに歩くので、この際なのでとうとう購入!



ビルケンシュトックの「Bali」というシリーズのもの。

写真を見ていただいたら一目瞭然だと思うのですが、足の裏にあたる部分が平らではなく、凹凸があるのがよくわかると思います。これが履いた時、しっくりすぎるぐらいぴったりと足になじんで気持ちいいんです。

「凹凸の部分は最初は違和感が少しあるかもしれませんが、履いていくうちに少しずつ自分の足の形に馴染んで感じなくなりますよ」とのこと。

これでまたどんどん歩くのが楽しくなりそう。

あと、ビルケンのいいところはリペアサービスが充実してることですね。

例えば、バックル交換(一カ所:1,680円)、スエードライナー交換(張り替え)(ペア:4,200円)、オールソール交換(ペア:4,725円)、フットベッド交換(8,925円)などなど、せっかく自分に馴染んだ靴を買い換えることなく壊れた部分や汚れた部分だけ取り替えることが出来るので、末永くつきあうことが出来るのは嬉しい。

カンペールの靴も履き心地はいいんですが、サンダルに関してはこちらに軍配をあげたい。

あと、購入するとこのエコバッグに入れてくれて、個人的にはちょっとこれも嬉しかったです。

散歩を楽しむならビルケンシュトックで。

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)

この記事を書いている「そら」って誰?

大阪在住、30代後半。今は子育て期間でいろいろお休み中。美味しいものをもぐもぐするのが趣味。カメラはオリンパス OM-D E-M5。訪れたお店やお気に入りの雑貨、レシピなど色々書いてます。さらに詳しく知る




このサイトに掲載されている文章および画像、すべての著作物はsorariumが著作権を保有しています。適正な引用以外での無断転載・不正利用は禁止いたします。また、まとめサイトやSNS(twitter、instagram等)での使用を許可していません。詳しくは画像・文章についてをご覧ください。